第35回少年軟式野球世界大会、韓国代表チームのサポートを行いました。

弊社SPSは7月28日(金)江戸川区球場にて開催されました第35回少年軟式野球世界大会の韓国代表チームのサポートをいたしました。

この世界大会には海外から8チーム、日本から4チーム、合計12チームが参加し、世界一を競います。

●参加チーム
アルゼンチン、オーストラリア、ブラジム、台北、韓国、ペルー、フィリピン、シンガポール、オール江戸川、夏見台アタックス、宮城ブルーリボン(日本女子代表)

 

 

SPSでは韓国代表チームに対し、サポートとして上下ユニフォームの提供を行いました。

 

 

弊社のサポートする韓国代表チームはチャレンジカップトーナメントに参加し、各国の代表チームと熱戦を繰り広げました。

 

世界大会の決勝戦は日本対決になりオール江戸川が勝利し、映えある世界一の優勝旗を受け取って居ました。

 

韓国代表チームはチャレンジカップトーナメントの準優勝として表彰を受けました。

現在、日本での野球人口は年々減少しております。野球人口の減少率は少子化の減少率よりも高い数値とも言われております。

このような現状を少しでも改善できないか、野球の素晴らしさや楽しさを子供達に伝えたいと考えております。SPSは野球を通じて地域と社会に貢献していきます。

 

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません